豆乳バナナ


 福島県の放射能問題で 

東京都品川区のお客様から、ホームページのお問い合わせに

子どもが飲んでいるバナナジュースの牛乳を、豆乳に変えたいのでの

お試し20本をお願いします。 お試し20本をお届けしました。

    
   

               

たいへん、おいしい!

       
  豆乳のバナナジュースは  

           大変においしいです。 




       作 り 方  !    

    

シンプル<バナナジュース>・作り方!

   

  ちぃちゃいバナナ1本   豆乳1本 
      
                
                
   

中国や台湾では昔から赤ちゃんに豆乳を飲ませています

最近の産院では、生まれてきた赤ちゃんにはなるべく母乳で育てるように指導している。しかし多忙な母親が多く、市販の粉ミルクや牛乳に頼らざるを得ない。だが、所詮牛乳は牛の乳。人間の母乳にはかなわない。世界保険機構(WHO)は、牛乳には鉄、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラルが母乳に比べ数分の一ほどの含有量がないとして、牛乳のミネラルを強化するように強く勧告しています。
今のところ母乳に最も近い食品は、牛乳より豆乳ではないかとされています。
牛乳に不足しているといわれるミネラル類は豆乳には豊富だが、牛乳にあるビタミンAやC、カルシウム、含硫アミノ酸などは比較的豆乳には少ない。しかし、カルシウムの点だけに関して言えば、牛乳の方が多いとは単純には言い切れない。骨や歯は、構造がたんぱく質でその上にリン酸カルシウムが付着してできているが、カルシウムをだた摂取していれば骨は丈夫で太くなるわけではない。カルシウムを摂取するときにマグネシウムも摂取しないとカルシウムが骨に沈着する量が少なくなり、必要もない筋肉や血管に浸入して、筋肉の弾力を衰えさせたり、血管を硬くしてしまったりする。牛乳に不足しているマグネシウムなどのミネラル類は、豆乳には豊富に含まれているわけだから、牛乳と一緒に豆乳もあわせて飲むというやりかたが、カルシウム摂取のためにもきわめて有効で合理的です。
豆乳に催乳作用があるとされているので、
母乳で赤ちゃんを育てたいお母さんは試してみてはどうでしょうか。