オカラ系猫砂

猫砂

猫砂は、の飼育に用いられる排泄用のの一種で、
猫の生理的習性を動物学の見解を基に作り上げられた粒子状の人工物が多い。

さて、猫の排泄行為、及びその処理は自然の摂理に任されていた。
これは昭和48年に制定された「動物の愛護及び管理に関する法律」(現:
動物愛護管理法)の中に猫の放し飼いに関する記述が盛り込まれていなかった事も挙げられる。しかし、環境省の調査から他の動物と同様に猫の排泄物からも寄生虫などの媒介となっている事例が多く発表され、2002年2月2日より動物愛護管理法の基準改訂により、
東京都が先立って猫を室内で飼うことを要請
各自治体で猫の室内飼育を基本であるとする条例が広まった。
それに伴ってペット飼育可とする物件が増えた事も相まって、猫の室内飼いが一般的となって飼い主は排泄用に猫トイレの必要性が高まった。
1)猫にとって排泄しやすく、2)排泄後に砂掛け動作を行うことができ、
3)愛猫家の室内の清潔を保つ猫トイレが必要となった。


猫砂は上記の通り、猫の動物学的な見地に基づきより理想的なものが考えられたといえる。まず、野生の猫は自身の排泄場所を柔らかい砂質の土壌で行う事が知られている。猫砂の代用品として新聞紙をちぎったもの等、柔らかく一定の吸水性が認められるもので猫砂の代用とする事も可能ではあるが、消臭効果が無い為に複数回の排泄を行うと猫が自身の排泄物の臭いを忌避してしまう傾向もある。
したがって、猫砂には一定の消臭効果が求められる
猫の排泄物で特に尿に関しては人間のそれと比較して強烈に臭う事で知られている。これは、猫の尿には「フェリニン」と呼ばれる硫黄を含んだアミノ酸化合物質がカルボキシルエステラーゼに似た物質であるコーキシンというタンパク質を触媒として臭いを発しているというメカニズムだからである。尚、猫は人間とは違い健康体であってもタンパク質を尿として排泄させる事が通常となっている珍しい生物である為、猫の体調の善し悪しに問わず、猫の尿には上記の通りタンパク質が含まれる。これが所謂「猫臭」の原因ともなっている。 尚、メスや去勢したオスよりも未去勢のオスが圧倒的に高い数値のフェリニンが検出されている事が解明されており、さらに前述のコーキシンの分泌も加齢によって高まる事から、これらに該当する個体の尿は特に強烈な臭いを放つ。したがって、猫砂には2つの要素が求められる。1つは猫が自身の生理現象に対して一定の消臭効果が認められ、さらに排泄がしやすい砂が求められる。もう1つは、人間側から感じる居住の快適性である。つまりは、室内飼育が念頭となるとすれば可能な限り無臭に近い環境を作る必要性が求められるようになったといえる。
猫砂も使用後は不衛生なゴミとなる為、その処分のしやすさも求められる
今日の市販される猫砂とは、ペットと飼い主の双方の要求や利便性、そしてより快適な環境を理想的に求めた結果、誕生した物といえる。

植物由来のおから系猫砂

おから・神・おがくずの様に自然環境に廃棄しても分解する植物資源を由来とした猫砂である。 先述の鉱物由来となるベントナイト系の猫砂と比較すると、万が一子供が猫砂を口に加えるなどをした状況や、猫にとっても安全であると言われている。排泄物の吸収性はベントナイト系と比較して生分解物質系が勝る。一般的なちぎった新聞紙を敷いて猫用トイレとするよりも脱臭性は遥かに勝るが、尿や糞の水分を吸着しやすく、また吸着すれば雑菌が繁殖しやすい為に汚染されてしまった部分に関してはトイレとして2次利用をせずに廃棄することが望ましい。(但し、防カビ剤や抗菌剤を猫砂に含ませている) 捨てる部分が多くなるため、ベントナイト系の猫砂に比べると費用が高くつく傾向がある。但し、大粒に成形されて散らばりにくい点や初期利用時の脱臭性など、ベントナイト系より優れた部分がある。処分に関しては糞尿をトイレに流し、猫砂は燃えるゴミとして出す事も可能であり、近年は固まるタイプの生分解性物質系の猫砂も登場し、処分に関する容易さが向上している。

4・猫砂

消臭効果の高いコーヒー抽出かす。UCCホームページより。

コーヒーの抽出かすには以前から脱臭効果があるとされてきましたが、UCCの実験でコーヒー抽出かすは活性炭以上にアンモニアの脱臭効果が優れていることがわかりました。

なぜコーヒーの抽出かすには脱臭効果があるのでしょうか? コーヒーの抽出かすの持つ3つの要素がアンモニアに作用し、脱臭効果をもたらしていると考えられます。

アンモニアはもともと水に溶けやすい性質があります。
コーヒーの抽出かすは、一般的に家庭用消臭剤に使われている活性炭とよく似た構造をしており、
この多孔質な構造によりコーヒーの抽出かすの表面積が増え、いやな臭いをキャッチし、吸収しています。

また、コーヒーの抽出かすは酸性のため、アルカリ性であるアンモニアを中和させアンモニアの吸収率を高めています。

さらに、コーヒーをいれた後の水分を含んだままの状態の方が、アルカリ性分を吸着、中和しやすいこともわかっており、このことがさらなる脱臭効果につながっていると考えられます。

「コーヒーの抽出かすを使って消臭剤を作りたいけど、乾燥させるのが面倒…」という方も、コーヒーをいれた後のぬれたままの状態で活用してみてはいかがでしょうか?

UCCホームページより。