意欲作!氣比神平清盛

   野坂山 と 平清盛・重盛親子 

歌が渓(たに)という敦賀の伝承です。  杉原丈夫編「越前若狭の伝説」より、

平清盛が、敦賀から江州海津まで七里半の間の山を掘り抜き、

北国の舟を大津へまっすぐに通るようにせよと、嫡男平重盛に下知した。

それで、重盛公は敦賀の関に三年間滞在し、野坂岳の歌をよんだ。

ここを歌が渓という。

「見るたびに富士かとぞ思う野坂だけ消えぬるようにつもるしら雪」

敦賀には、・・なんと! 重盛公の位牌や五輪塔がある  エ〜〜

野坂山の尾根は一ノ岳・二ノ岳・三ノ岳・山頂となります。

平家物語の大塔の段

平家物語巻第三・大塔建立

平清盛は高野へのぼり、大塔をがみ、奥院(弘法大師空海の廟所)へ参ると、 

老僧が現れ、「大塔はもう修理が終わりました。ところで

安芸の厳島、越前の気比の宮は金剛界・胎蔵界の垂迹ですが、

気比の宮は栄えているけれど、厳島はないも同然に荒れ果てています。

このついでに奏上して、修理なさいませ。それだけでもなさるなら、

あなたの官位昇進は他に及ぶ者もありますまい。」といって立ち去った。

氣比宮社記CD-R無料提供:お手元の氣比宮社記CD-Rでご確認下さい。

社記<けーさん(氣比神宮)と平安仏教>
社記<東大寺別当の空海が810年建立>